【若ハゲに立ち向かう為に】

近年、若ハゲと言われる若年性脱毛症に悩まされる20代〜30代の男性は急増しています。中には10代の内から苦しめられている人もおり、深刻な問題になっています。

ハゲている人。特に若ハゲに悩んでいる人は本当に苦しんでいます。若いのにハゲている!と軽くネタにされたりもします。しかしその言葉が想像以上に苦しめます。

images-3

  • 外出したくない
  • 頭を人に見せたくない
  • 女性と会話するのが怖い

など様々な悩みを抱えています。

はっきり言って若ハゲは最悪です。ですが皆さんに理解して欲しい事は、「薄毛は80%以上の確率で治る」と言う事!

適切な治療や予防策、対策を行えば確実に回復に向かいます。

その為には若ハゲについてしっかりとした知識を身につけ、原因を探ること。自分の状況をしっかり理解し若ハゲに立ち向かう事。

若ハゲに屈しない精神力を身につける事!が非常に重要になってきます。その為に若ハゲについて様々な角度から追求していく。

若ハゲの貴方にとって有益なサイトとなる事を祈っています。

薬漬けの人生かハゲでいる人生か

現代の医学(育毛医学)で、最もハゲに有効的な薬はプロペシアと呼ばれるAGA治療薬になります。世界60カ国以上で認められ、服用している人口は治療薬の中でずば抜けており、その効果も高いことがわかっています。

この治療薬が夜に出てからは「薄毛は治る」というコンプレックスに変わってきたんです。

しかし、デメリットがないわけではありません。しかも、若ハゲにとっては一番都合が悪い「条件」なんです。

それが、プロペシアは服用し続けなければ、どんどん薄毛は進行していくという事実。

つまり、治るわけではなく、薬を常時飲み続けてフサフサを保つ仕組みなので、ハゲたくなければ永遠プロペシアを手放せないわけです。

40代、50代の人であれば、10~20年続ければ、老人になるのでお役御免(ルックスを気にしなくなる世代)となりますが、20、30代の若ハゲからすれば30~40年間も飲み続け薄毛と戦っていかなければならないんです。

別に命に関わる病でもないのに、人生の半分以上を薬漬けにするのは抵抗ありますし、薬代という経済的な負担も若いが故に大きくなるわけです。

それを考えると、若ハゲという存在はAGA(男性型脱毛症)よりも薄毛を治す上でも大きなハンディキャップがあるわけです。