若ハゲの前兆!?猫背が若ハゲを誘発する可能性あり。

若ハゲや薄毛の原因は様々で、その要因となる行動や癖などの生活習慣も大きな要素です。

中でも猫背が若ハゲ・薄毛を進行させる要因だとすればどう思いますか?きっと今現在猫背の方は結構多いのではないでしょうか?

「姿勢の悪さ」を自覚している人は88.2%で、具体的に最も多くの回答が寄せられたのは「猫背」で57.8%。

猫背の人は、年齢が若いほど増える傾向にあり、50代は51.9%でしたが、40代55.8%、30代は60.5%、20代は62.8%と増加している。

男女比で見てみると、男性は60.5%、女性は55.5%となっている。

引用:エバニュー/姿勢に関する意識調査

これを見れば分かるように20代の人の約6割が猫背だと自覚しているのです。もしこれが本当ならば若ハゲの人が増加している事と関係性があるかもしれません。

猫背が増加している原因はネットやスマホの普及が関係している

20代の6割り近くの方が猫背を自覚しており。自覚はしていないものの実際は猫背だという人もいるでしょうから、その数はかなりの割合になります。

この猫背人口は年々増加しており「国民の生活習慣病」とまで言われているほどです。

猫背と薄毛の関係は後ほど話すとして、少しだけ猫背人工の増加についてのお話をさせてもらいます。

実は元々日本人は猫背になりやすい民族であり、全世界の猫背人口の60%が日本人だとも言われています。

日本人は猫背になりやすい身体にできている

なぜ日本人は猫背の人が多いのか?これに簡潔に答えるとするならば「日本人の骨格や筋肉は猫背になりやすい身体」であるということです。

日本人と欧米人を見比べると明らかに骨格の作りや体格が違いますよね?スポーツ選手などで比べてみてもその差は歴然。

なぜコレほどまでに骨格や体形に違いが生まれるのかについては本題からかなり逸れてしまいますので省略させていただきます。

簡単にまとめると「文化の違い」といえますが、それによって腰椎が後ろに彎曲(わんきょく)しやすく背中が丸まりやすくなる日本人は猫背人口が多いのです。

このように昔から日本人は猫背の人が多いのですが、最近になって更に増加しているのには原因があります。

ネットやスマホの普及が猫背人口を加速させている

猫背になる理由は基本的に「姿勢の乱れ」と「筋力の衰え」が考えられます。

特に近年増加している理由の1つにネットやスマホの普及があげられるのですが、この普及が猫背人口を増加させていると言われています。

パソコンのモニターを見るときやスマホ画面を見る時は、前傾姿勢になりがちです。顔が身体よりも前に出て画面を眺めるということは、背中が丸まってしまう状況になるということです。

その状態が長時間続けば姿勢は乱れます。そしてその習慣が蓄積していくと猫背になってしまいますよね。

デスクワークや休日も自宅でネットサーフィン・スマホをいじる。そんな生活を行っていると筋力も衰えてしまうので更に猫背は深刻化してしまいます。

猫背と若ハゲの関係性!原因は血行不良や首回りのバランスの悪化にある!

猫背人口が増加している理由について軽く触れましたが、本題はなぜ猫背と薄毛が関係しているのかです。

そもそも猫背は私達の身体に様々な異変や問題を生み出してしまう厄介な症状なんです。

  • 慎重が伸びにくくなる(幼少期の猫背)
  • 運動能力の低下肥満になりやすい
  • 学力・集中力の低下
  • 頭痛になりやすくなる

などいくつものトラブルを生み出しますが、その1つとして薄毛・若ハゲがあるのです。

血行不良は髪の毛にとって致命的なダメージ

猫背という事は姿勢が乱れているということ。特に頭部(顔)が身体よりも前になる前傾姿勢に常になっている場合が多いでしょう。

そうなればそれを支えようと肩や首回りの筋肉が引っ張られ、常に負荷がかかってしまっている状況に。

「姿勢が乱れること」と「筋肉に負荷がかかる」ことから血管が圧迫され血流は悪くなってしまうのです。

頭部は細かい毛細血管が多く、血行不良は頭皮へ栄養素を届ける事が困難に…。健康的で丈夫な髪の毛を育むためにはしっかりと頭皮へ栄養素を届ける必要があります。

猫背になることで血行不良になることは髪の毛にも大きなダメージを与えてしまうのです。

スマホ・パソコン作業・読書はストレートネックに注意

スマホを眺める時、パソコン作業をしている時、読書をしている時にしてもうつむき姿勢になっていると思います。

この状況が慢性化してしまうと首にはかなりの負荷がかかることに。人の頭はボーリングのたまと同じくらいの重さがあるので、それをずっと支えている首回りはかなり大きな負担がかかっていることが想像できるでしょう。

こうした日常生活の癖によって発生してしまうストレートネック(通称:スマホ首)は現代病とも言われています。

わかりやすく言えば猫背の酷いバージョンと考えてもらえれば分かりやすいですが、血流の悪化は首回り・頭部にまで及びます。

先程も言いましたが血行不良は薄毛を深刻化してしまう要因。

現代病であるスマホ首や猫背と共に若ハゲも増加する

  • 日本人は猫背になりやすい骨格や筋肉をしている
  • ネットやスマホの普及による猫背・スマホ首などの現代病の増加

この2つの要素によって年々猫背やスマホ首に苦しむ人が増加しています。気付かない内に猫背になってしまった人も多いでしょう。

日々の乱れた姿勢によって猫背は悪化し、知らず知らずのうちに血行不良に陥ってしまうのです。

そしてその血行不良が深刻化してくると「髪の毛にも異常が生まれる」でしょう。そうして若ハゲに苦しむ人も増加…。

つまり大袈裟かもしれませんが、現代病である猫背・スマホ首人口の増加に伴い若ハゲ人口も増加してしまうのかもしれません。

まだ薄毛ではないけれど猫背は気になる…。そんな人がいれば血行不良による薄毛に注意したほうがいいかもしれませんよ。