三度目の殺人|視聴した人の感想・口コミ・評価

ジャンル サスペンス
監督 是枝裕和
脚本 是枝裕和
公開日 2017年9月9日
  • 福山雅治
  • 役所広司
  • 広瀬すず
  • 斉藤由貴
  • 吉田鋼太郎
  • 満島真之介
  • 松岡依都美
  • 市川実日子
  • 橋爪功

物語についていろいろと語り合いたい映画(B評価)

三度目の殺人は、映画を観た後にどういう事だったのかという答えが、明確には、分かりませんでした。これは、映画を観た人が、それぞれが、映画のシーンから推測する物語だと思います。

映画を観た後にいろいろ話し合いたいタイプの方にオススメの映画です。タイトルに惹かれて映画を観たのですが、やはりこの映画のテーマは、タイトルにあると思います。

三隅は、殺人の前科が、あり一度目の殺人は、この殺人だと思います。

そして、二度目の殺人は、社長の殺人だと思うのですが、この社長を殺害したのは、三隅なのかという謎が、注目すべきポイントかなと思って観ていました。

社長の娘も犯行に絡んでいると思わせるシーンが、あるからです。

そのあたりの答えは、映画では、言葉で言及をしないのでどうなんだろうとドキドキしながら観ていました。

この映画は、重盛が、三隅の話を聞いて出した答えが、どうなのかという所が、見どころだと思います。

広瀬すずさんが、ミステリアスな少女を演じているのも見どころだと思います。

役所広司さんと福山雅治さんの対話シーンも熱演しています。

三度目の殺人に似ているオススメ映画

「去年の冬君との別れ」をオススメします。

この作品も謎のおおい作品でどんでん返しもあります。

映画を観た後にあのシーンは、ああいうことだったのかと語り合える映画です。

物語の展開もスリリングで面白いですしオススメです。

死刑囚も弁護士もただの同じ人間で嘘をつく(B評価)

私は思ったより面白くなかった。主題もサブテーマも決着はつかない感じです。正義は勝つの白黒つける映画ではありません。観ている人間に答えを考えさせるような映画です。

私はこの監督と福山雅治のタッグ映画はこの作品が初見でした。好きな人には面白く思えるかもしれません。主人公の弁護士とその娘の関係性がもっと描かれてるといいなと思いました。

娘が父親の悪い部分だけ受け継いでる感じでしたので。娘をもっと掘り下げて欲しかったですね。広瀬スズはいい演技をしていると思いましたが斉藤由貴もかなりいい味だしてました。

母親として頼りなく薄っぺらい表面ずらがとても表現されていて良かったです。それと役所広司はもう言わなくても誰もが認める自然で主張しすぎない演技でした。

この人が出てるとイマイチな内容でも五割増しで作品が良く思えてきます。最初から最後まで暗い雰囲気で終わる映画です。疲れてる時にはおススメしません。でも福山雅治と広瀬スズの美男美女を観るだけでもいい映画ですかね。

三度目の殺人に似ているオススメ映画

「凶悪」

死刑囚が告発されてない人殺しを自白する手紙をマスコミに送り付けて調査させる。

自分は死刑になるのにその事件の主犯の先生はまだ捕まっていない。本来なら死刑になるのはその先生だと主張する死刑囚。死刑囚の言葉を信じるなんてマヌケ、二作品ともこのメッセージが表現されているから。

真実なんてどこにもない。深く考えさせられる映画。(A評価点)

2017年に公開された映画で、是枝裕和さんがメガホンを取り、『そして父になる』以来2度目の福山雅治さんとのタッグや、名優の役所広司さんとの共演で注目された作品す。殺人の前科がある役所広司さんが演じる三隅が、解雇された工場の社長を殺して、火をつけた容疑で起訴されます。

犯行も自供して、死刑はほぼ確実。しかし、弁護を担当することになった福山雅治さんが演じる重盛は、なんとか無期懲役に持ちこむために、調査を始めるのでした。調査を進めるにつれ、何かがおかしいと疑問を抱いていきます。重盛の中で違和感が生まれていくのでした。三隅の供述が、会うたびにどんどん変わるのです。

金目当ての私欲な殺人のはずが、週刊誌の取材では斉藤由貴さんが演じる、被害者の妻・美津江に頼まれたと答え、動機さえも二転三転していくのです。さらには、広瀬すずさんが演じる被害者の娘・咲江と三隅の接点が浮かび上がるのでした。そして重盛がふたりの関係を探っていくうちに、ある秘密に辿り着くのです。

三度目の殺人に似ているオススメ映画

「誰も知らない」がおすすめです。

少し人間の闇の部分のようなところがあって、深く考えさせられる点など、「三度目の殺人」と内容の系統が似ている部分があるので、この作品も楽しめると思います。

もう一度見返したくなる作品です。

見たあとに、考えさせられる映画(S評価)

これで是枝監督の作品は、最後がなくいつも中途半端な感じで終わります。でもそこがいいので、ついつい何度も見たくなります。そして見るたんびに感想が違ってきます。

自分でこの話はこういうことだったのか?など考えさせられるストーリーでした。殺人で捕まっている役所広司さんは実は誰かをかばっているのか?はたまた実際に殺人を犯したのか。

最後まで真実はやぶの中です。

周りにいる人の証言もあやふやで、日本の裁判のやり方にも問題があると映画の中で問題提起されていました。一度始まった裁判はなかなか道をそれることなく進むので、結果が覆ることはありません。

このことから冤罪が生まれるのだと、考えさせられました。実際この映画でも、初めは罪を認めていたにもかかわらず途中で無罪を主張します。

しかし裁判はもう一度最初から始めるわけでもなく、裁判官も仕事をこなす必要があるので結果は変わりませんでした。こうしたことが日常茶飯事で起こっているのかと思うと、とても怖くなります。

三度目の殺人に似ているオススメ映画

是枝監督の「誰も知らない」です。

ストーリーは違いますが、同じ監督作品で考えさせられる社会問題を取り扱ったストーリーです。見た人や、立場、時期によって見たあとの感想が、人によって違うのも面しろいと思います。

サスペンスというよりかは考えさせられる映画(D評価)

この映画はとてもキャストがよく監督も有名なので楽しみに見てみました。最初から最後までただ、たんたんと進んでいくストーリーですね。抑揚もなく最初から重く暗いイメージのままで行きます。役所広司が危ない人の役ですがかなり怖いです。何を考えてるのか全くわからない。

本音も人柄も事件の本当の背景も読めないのでとても不気味です。その演技力はちてもすばしらしいと思います。広瀬すずもある意味不気味です。足を引きずっています。監督はこの様子もすべてストーリーの中に含めた重要な要素を表現したかったのであろう。斉藤由紀も怪しい母親でした。

登場人物はみんな怪しくて不気味ですね。ただ福山雅治は誠実だったのですがどんどんこの人たちに引き込まれていっておかしくなって行く。そのさまもとてもよかったと思いmす。ただストーリーはよく理解できない事が多いので実はネタバレで検索し後で納得するところもありました。情景を感じ取って受け取る感じの映画ですね。

三度目の殺人に似ているオススメ映画

是枝監督のそして父になるです。こちらも福山雅治が出演しています。

サスペンスではなく愛情あふれるヒューマン映画ではないでしょうか。実はにもとづいているので本当に引き込まれます。

リリーフランキーの演技もすばらしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です