劇場版名探偵コナン ゼロの執行人|皆の感想・口コミ・評価

ジャンル サスペンス
監督 立川譲
脚本 櫻井武晴
公開日 2018年4月13日
  • 高山みなみ
  • 古谷徹
  • 山崎和佳奈
  • 小山力也
  • 山口勝平
  • 緒方賢一
  • 林原めぐみ
  • 岩居由希子
  • 大谷育江
  • 高木渉
  • 松井菜桜子
  • 茶風林
  • 井上和彦
  • 湯屋敦子
  • 千葉一伸
  • 高島雅羅
  • 百々麻子
  • 榎本充希子
  • 飛田展男
  • 岸野幸正
  • 上戸彩
  • 博多大吉

ハラハラよりもドキドキを感じられる作品(S評価)

安室透と降谷零がメインでバーボンの彼の登場は無いに等しいですが、公安警察官の降谷零としての活躍に惚れる作品です。日本を守るためには、犠牲を最小限に抑えるためには手段を厭わないところがありますが、自分がハメた毛利小五郎の釈放もきちんと考えているところがさすがです。風見さんの登場シーンも多く見られ、雨の中での2人のやり取りするシーンが好きです。

降谷零の頭脳を凌駕するコナンもすごいですが、列車に向かって突っ込んでいくドライブテクがカッコよかったし、僕の恋人は日本さというセリフを何度でも聞きたくなります。コナンと降谷零の犯人確保とテロ阻止への共同作業が多く見られ、安室がコナンを爆破の中から掴んで銃を撃つシーンが素敵です。愛する蘭のためには自分がどうなろうと助けようとするコナンの強い思いを感じ取ります。

テロを起こした理由、テロそのものの主体源となる原因、公安警察への恨みなど、ちゃんとストーリーが練られていると感じた映画です。

名探偵コナン ゼロの執行人に似ているオススメ映画

安室透が登場する名探偵コナンの映画の純黒の悪夢という作品がお勧めです。安室透とコナンと赤井秀一の共闘作業が見られ、ハラハラドキドキさせられる作品だからです。コナンよりもその他のキャラが目立って人気な点が似ています。

ハラハラドキドキで、子どもから大人まで楽しめる作品(S評価)

“「ゼロの執行人」は、ただの推理映画の範疇を超えた、ハラハラドキドキのアクション映画のようです。

女性を中心に爆発的ブームをもたらした安室さんこと、公安の降谷零が、登場しコナンくんたちの敵のようにして現れます。

安室さんが何もしていない毛利小五郎をなぜ、爆発犯として逮捕するよう仕向けたのか、なぜコナンくんのスマホを遠隔操作するよう指示したのかを気にしつつ、鑑賞するのがおもろかったです。

初期は、被害者がいて犯人を複数名から絞っていって探すような、いわゆる「推理」が中心でした。

しかし、今回は、ここ数年の名探偵コナン映画作品同様、メインは「爆発」と、大迫力の「アクション」シーンとなっています。

コナンくんや安室さんが人間の域を超えるような力技を見せ、思わず見入ってしまいます。

また、映画を見つつ、日本の警察制度についても学ぶことが出来ます。

初期の映画作品が大好きな方には、推理要素が薄いため、物足りなく感じるかもしれません。しかし、ストーリーとしては、とても中身があって、人間同士の心情がよく描かれていて、面白いのでおすすめです。

名探偵コナン ゼロの執行人に似ているオススメ映画

私は、2016年春に上映された「名探偵コナン 純黒の悪夢」が類似していておすすめです。

当作品は、「ゼロの執行人」同様、安室さんが登場し、アクションが中心の映画なので、見ていて楽しめること間違いなしです。

王道と邪道を詰め込んだエンターテインメント作品(A評価)

人気キャラの安室透が主軸の映画です。突如起こった爆発事件、その容疑者として警視庁公安部に逮捕されてしまう毛利小五郎。その裏に公安としての安室が仕掛けたことだと感じて問い詰めるコナンに対してまるで敵かのような言葉を言う、安室。

今回は敵対するのかと思わせるスタートで始まります。コナンは蘭のために小五郎の無実を証明しようと戦い、安室は日本のために公安としてあらゆる手段を講じて戦っていく。

お互いの守りたいもののために正義を貫いて戦っていきます。正義とは各々が持っていて、それは一つじゃないんだと思わせるストーリーです。またコナンならではの予期せぬ展開、いくつもの伏線が張り巡らされていて、物語ずっと見逃せません。

そしてコナン映画では定番になっている、ぶっとんだアクションシーンも健在でコナンのスケボーや安室のカーアクションも終盤のカーシーンも見どころの一つと言ってもいいと思います。ミステリーの枠にとどまらないエンターテインメント映画になっています。

名探偵コナン ゼロの執行人に似ているオススメ映画

コナンシリーズでおすすめなのは「迷宮の十字路」です。

この作品は歴史だったり、服部と和葉の幼少期からのことだったりの要素が詰め込まれている作品で、ミステリーの要素も素晴らしく、これもある意味見ている人のことを良く考えたエンターテインメント作品だと思います。

見終わったら貴女は安室のオンナになれる映画(A評価)

原作コミック、テレビアニメ、映画全てにおいて、高い人気を誇るシリーズの劇場版第22弾です。舞台は大型サミット開催予定地での大規模な爆破事件からで、その真相を追う江戸川コナンが、探偵、黒ずくめの組織のメンバー、公安警察という三つの顔を持つ安室透に振り回されながらも、逮捕された毛利小五郎の無実を証明しようと奮闘していきます。

ただ、いつもと雰囲気が違うのは、今回の映画の裏の主役ともいえる安室透の存在です。やはりイケメンキャラは映画の牽引数も引き上げるのか、「安室の女」と呼ばれる彼の女性ファンが安室を「100億の男」にしようとリピーターも続出していました。

ストーリーとしては司法や公安の話題があるので、予習して観たほうがより理解しやすいかと思いますが、大規模なアクションシーンもいつもどおりありますので見応えも抜群です。安室でキュンキュンできる映画は今までになく、この映画を見てカッコ良さがわかる方もいらっしゃると思います。

名探偵コナン ゼロの執行人に似ているオススメ映画

名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌という映画もそれぞれ探偵たちがそれぞれの想いを胸に奮闘する姿がダイナミックに描かれています。

いつもいいところを持っていかれる毛利小五郎ですが、この映画ではとてもカッコよく見えます。

推理とアクションが秀逸な作品(A評価)

コナン作品はほとんど観てきたけど、これはかなり秀逸!

舞台が東京サミットが行われる新施設ということで、それだけでもワクワク!なんていうか、安室さんとコナン君の独壇場って感じでアクションがすごい。

コナン君の秘密道具も活躍、安室さんの車も活躍(?)特にお勧めなのが、安室さんのかっこよさ!セリフの絶妙な女性キラーぶり。

推理もアクションもどちらも満足させるコナン作品の中でもここまで満足感を覚える作品はそうはないと思います。

アニメだから、なんでもアリ!と思って観ているのにも関わらず、こんなにワクワクできるのは、この作品だから!ですね。

難は蘭ちゃんの活躍がすこーし少なかったような…彼女、ヒロインなのに。

けれど、安室さんファンには絶対にお勧めですよ!

コナン君との会話の軽妙さ、アクションのかっこよさ、この作品で安室さんファンが増えたことは間違いないですね…。
どちらが主役かわからない場面もいくつかあったしね。

絶対、楽しめます、お勧め!

名探偵コナン ゼロの執行人に似ているオススメ映画

シャーロックです!この作品も推理とアクションが素晴らしい!

主人公のシャーロックとワトソンの会話の軽快さと絶妙さを楽しめると思います。

ドイルのシャーロックホームズも素敵だけど、現在にアレンジしたこの作品はコナン作品(コナン君もホームズ好き)を愛する方にもオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です