若ハゲの前兆!?猫背が若ハゲを誘発する可能性あり。

若ハゲや薄毛の原因は様々で、その要因となる行動や癖などの生活習慣も大きな要素です。

中でも猫背が若ハゲ・薄毛を進行させる要因だとすればどう思いますか?きっと今現在猫背の方は結構多いのではないでしょうか?

「姿勢の悪さ」を自覚している人は88.2%で、具体的に最も多くの回答が寄せられたのは「猫背」で57.8%。

猫背の人は、年齢が若いほど増える傾向にあり、50代は51.9%でしたが、40代55.8%、30代は60.5%、20代は62.8%と増加している。

男女比で見てみると、男性は60.5%、女性は55.5%となっている。

引用:エバニュー/姿勢に関する意識調査

これを見れば分かるように20代の人の約6割が猫背だと自覚しているのです。もしこれが本当ならば若ハゲの人が増加している事と関係性があるかもしれません。

猫背が増加している原因はネットやスマホの普及が関係している

20代の6割り近くの方が猫背を自覚しており。自覚はしていないものの実際は猫背だという人もいるでしょうから、その数はかなりの割合になります。

この猫背人口は年々増加しており「国民の生活習慣病」とまで言われているほどです。

猫背と薄毛の関係は後ほど話すとして、少しだけ猫背人工の増加についてのお話をさせてもらいます。

実は元々日本人は猫背になりやすい民族であり、全世界の猫背人口の60%が日本人だとも言われています。

日本人は猫背になりやすい身体にできている

なぜ日本人は猫背の人が多いのか?これに簡潔に答えるとするならば「日本人の骨格や筋肉は猫背になりやすい身体」であるということです。

日本人と欧米人を見比べると明らかに骨格の作りや体格が違いますよね?スポーツ選手などで比べてみてもその差は歴然。

なぜコレほどまでに骨格や体形に違いが生まれるのかについては本題からかなり逸れてしまいますので省略させていただきます。

簡単にまとめると「文化の違い」といえますが、それによって腰椎が後ろに彎曲(わんきょく)しやすく背中が丸まりやすくなる日本人は猫背人口が多いのです。

このように昔から日本人は猫背の人が多いのですが、最近になって更に増加しているのには原因があります。

ネットやスマホの普及が猫背人口を加速させている

猫背になる理由は基本的に「姿勢の乱れ」と「筋力の衰え」が考えられます。

特に近年増加している理由の1つにネットやスマホの普及があげられるのですが、この普及が猫背人口を増加させていると言われています。

パソコンのモニターを見るときやスマホ画面を見る時は、前傾姿勢になりがちです。顔が身体よりも前に出て画面を眺めるということは、背中が丸まってしまう状況になるということです。

その状態が長時間続けば姿勢は乱れます。そしてその習慣が蓄積していくと猫背になってしまいますよね。

デスクワークや休日も自宅でネットサーフィン・スマホをいじる。そんな生活を行っていると筋力も衰えてしまうので更に猫背は深刻化してしまいます。

猫背と若ハゲの関係性!原因は血行不良や首回りのバランスの悪化にある!

猫背人口が増加している理由について軽く触れましたが、本題はなぜ猫背と薄毛が関係しているのかです。

そもそも猫背は私達の身体に様々な異変や問題を生み出してしまう厄介な症状なんです。

  • 慎重が伸びにくくなる(幼少期の猫背)
  • 運動能力の低下肥満になりやすい
  • 学力・集中力の低下
  • 頭痛になりやすくなる

などいくつものトラブルを生み出しますが、その1つとして薄毛・若ハゲがあるのです。

血行不良は髪の毛にとって致命的なダメージ

猫背という事は姿勢が乱れているということ。特に頭部(顔)が身体よりも前になる前傾姿勢に常になっている場合が多いでしょう。

そうなればそれを支えようと肩や首回りの筋肉が引っ張られ、常に負荷がかかってしまっている状況に。

「姿勢が乱れること」と「筋肉に負荷がかかる」ことから血管が圧迫され血流は悪くなってしまうのです。

頭部は細かい毛細血管が多く、血行不良は頭皮へ栄養素を届ける事が困難に…。健康的で丈夫な髪の毛を育むためにはしっかりと頭皮へ栄養素を届ける必要があります。

猫背になることで血行不良になることは髪の毛にも大きなダメージを与えてしまうのです。

スマホ・パソコン作業・読書はストレートネックに注意

スマホを眺める時、パソコン作業をしている時、読書をしている時にしてもうつむき姿勢になっていると思います。

この状況が慢性化してしまうと首にはかなりの負荷がかかることに。人の頭はボーリングのたまと同じくらいの重さがあるので、それをずっと支えている首回りはかなり大きな負担がかかっていることが想像できるでしょう。

こうした日常生活の癖によって発生してしまうストレートネック(通称:スマホ首)は現代病とも言われています。

わかりやすく言えば猫背の酷いバージョンと考えてもらえれば分かりやすいですが、血流の悪化は首回り・頭部にまで及びます。

先程も言いましたが血行不良は薄毛を深刻化してしまう要因。

現代病であるスマホ首や猫背と共に若ハゲも増加する

  • 日本人は猫背になりやすい骨格や筋肉をしている
  • ネットやスマホの普及による猫背・スマホ首などの現代病の増加

この2つの要素によって年々猫背やスマホ首に苦しむ人が増加しています。気付かない内に猫背になってしまった人も多いでしょう。

日々の乱れた姿勢によって猫背は悪化し、知らず知らずのうちに血行不良に陥ってしまうのです。

そしてその血行不良が深刻化してくると「髪の毛にも異常が生まれる」でしょう。そうして若ハゲに苦しむ人も増加…。

つまり大袈裟かもしれませんが、現代病である猫背・スマホ首人口の増加に伴い若ハゲ人口も増加してしまうのかもしれません。

まだ薄毛ではないけれど猫背は気になる…。そんな人がいれば血行不良による薄毛に注意したほうがいいかもしれませんよ。

若ハゲは腰痛ともリンクしている!腰痛の人は気をつけよう

はじめにはっきりと言っておきましょう。

腰痛は若ハゲ・薄毛と大いに関係しています。

一見関係のなさそうな若ハゲと腰痛ですが、実はとっても親密な関係があるんです。

実際に若ハゲに悩んでいる人は腰痛がありませんか?

腰痛と若ハゲの関係性をしっかりと理解しておけば、何か解決策が見つかるかもしれません!

腰痛が起こる原因はたくさんある

さて腰痛の原因ですがたくさんありますよね。

詳しく知らない人でも腰痛の原因は何となく想像がつこものが多いのではないでしょうか。

  • 姿勢が悪いから
  • 運動不足だから
  • 筋力が低下しているから
  • 体が疲れているから

など何となくイメージは出来るはず。またずっと立ちっぱなし・座りっぱなしの仕事をしているから…なども原因の1つだと感じるはずです。

これ以外にも「ストレス」「肥満」なども関係している腰痛は誰でもなりうる症状だということです。

多くの原因に関係している血流の悪化

腰痛の原因はたくさんあるのですが、それらを通して陥りやすいのが血流の悪化です。

姿勢が悪ければ血流は圧迫され流れにくくなりますし、筋力が低下すれば代謝も低下し血液の流れが悪くなります。

体が疲労していると筋肉は凝り固まり血流は滞ります。

更にストレスは自律神経のバランスを乱し交感神経が優位に働いてしまうことがあります。その結果筋肉が緊張し中の血管までもを圧迫させてしまうのです。

つまりすべての要素に関係している血行不良。これこそが腰痛の主な原因とも言えるのです。

冷え性と腰痛の関係性

腰痛の原因となる血行不良に陥るともれなく冷え性という症状にも発展します。

女性で冷え性!という人は多くいますが、男性で冷え性の人は少ないように感じますよね。

ですが実は実感してないだけで隠れ冷え性の男性は多いんです。

腰痛の人=100%冷え性と言うことではありませんが、多くの場合は自覚がないだけで冷え性の可能性があります。

腰痛が若ハゲの原因であるならば、冷え性も若ハゲの原因であることにもなります。

血行不良が巻き起こす症状は腰痛だけじゃない!

血行不良だけが腰痛の原因ではありませんが、大きなウェイトを占めています。

そんな血行不良ですが、腰痛以外にも様々な症状を巻き起こしてしまう厄介なものなんです。

  • 腰痛
  • 冷え性
  • 肩こり
  • 便秘

特に肩こりなどは腰痛とともに発症しやすく、悩んでいる人も多いでしょう。

体内の老廃物をため込んでしまう便秘もまた血行不良が関係しているんですね。

腰痛・肩こり・便秘・冷え性…全てが若ハゲと関係がある

腰痛と同じ原因で発生しやすい「肩こり・便秘・冷え性」は注意すべき要素です。

腰痛が若ハゲに関係があるとするのであればこれら全ても薄毛・抜け毛と大きな関係を持つのです!

つまり血行不良から来る体の悩みはハゲにも直結するということ!

肩こりはあるけど腰痛はないから安心だ…と思っているようでは危険だということです。

今現在「腰痛・肩こり・便秘・冷え性」などの症状がある人は改善を意識したほうがいいかもしれませんよ。

腰痛や血行不良が若ハゲと何故関係あるのか

みなさん知っているかもしれませんが、血液の働きは全身に栄養素を届けることです。

血液が新鮮で血流もスムーズであれば全身に健康的な血液が行き届くわけですから、体は元気にトラブルもなく過ごすことが出来るんですよね。

しかし血流も悪く、不健康な血液だとどうでしょう。

必要な血液が全身へと届きにくくなると多くのトラブルが起こってしまうのです。

「腰痛・肩こり・便秘・冷え性」だけでなく「抜け毛・薄毛」などの症状も現れてしまうのです。

特に頭頂部は血管が細い

血管は心臓から離れるに連れて細く狭くなっていきます。

冷え性になると手先・足先が冷たくなることからもイメージしやすいかと思います。

血行不良になると血管が細くなる手足に充分な血液が届かなくなってしまいます。そしてこれは頭頂部にも言えること。

首からこめかみあたりまでは太い血管があるのですが、そこから頭頂部に向かうに連れて細く狭くなっています。

細い毛細血管しかない頭頂部はただでさえ血液が届きにくい場所なのです!

健康的な髪の毛や頭皮には健康的な血液が欠かせません!だからこそ血行不良と若ハゲには親密な関係があるんです。

腰痛・肩こりは若ハゲに繋がる重大な病

【腰痛・肩こりは若ハゲに繋がる重大な病】少し大袈裟かもしれませんが、これぐらいに考えておいてもいいように思います。

もちろん厳密に言えば血行不良が原因なのですが、腰痛や肩こりがある場合は血行不良が少なくとも起こっているはずです。

肩こり・腰痛はただ凝っているだけ…と軽視しやすいです。

なので放っておくと血行不良が悪化し、髪の毛・頭皮に健康的な栄養素が届かなくなってしまいます。

結果的に気付いたら若ハゲに…なんてこともありえます。

「腰痛・肩こり・便秘・冷え性」があるということは血行不良だな…。髪の毛にもよくないし改善しよう!と連想させるべきなのです!

若ハゲに悩んでいるなら。若ハゲになりたくないなら。この問題はしっかりと考えておきましょう!

スマートフォンの普及と若ハゲ人口の増加は大きな関係があった!

20150711191502
今の時代、若ハゲ人口は増えているように感じます。
いえ、確実に増加しているでしょう。

もちろん若ハゲになってしまうにはそれなりの原因がありますし、それなりの生活を送っているからこそ禿げてしまうんです。

その1つの原因として近年注目されているのがスマートフォンの普及。

え・・・?
スマートフォンの普及が若ハゲの原因!?!?

そう思う人も大勢いるでしょうね。
厳密に言えばスマートフォンやPCなどが普及したことによる「眼精疲労」が若ハゲの原因なのですがね。

今の若い世代は、小さに時からスマホを触っています。
ゲームをしたりメールをしたり、2chを眺めたりと1日中スマホやPC画面を見ている人が多いんですよね~

この今では当たり前の行為が「若ハゲ」に繋がるとすれば…
20代後半になれば…恐怖でしかありません。

「眼精疲労」が若ハゲの原因になるのはいくつかの要素が関係しているので、十分理解しておけば予防・改善に繋がる糸口が見つかるかもしれません!

スマホの普及と眼精疲労の増加

今この記事をよんでいる人のほぼ100%の人がスマホを持っていると思います。
そしてスマホ、もしくはPCのどちらかの画面から確認してくれていますよね。

朝の通勤中ですか?仕事帰りの電車の中ですか?寝る前の布団の中で読んでくれていますか?
もしくは昼休憩かな?

  1. 朝起きてスマホを確認する
  2. 通勤・通学中にスマホを触る
  3. 仕事・学校で集中してPCを見たり黒板を見ている
  4. 昼休憩でご飯を食べながらスマホを見る
  5. 仕事・学校で集中してPCを見たり黒板を見ている
  6. 帰宅中にスマホを触る
  7. 家に帰って一段落。スマホを触る
  8. やっと自分の時間。テレビや読書・スマホでリラックス
  9. お風呂でスマホ片手に半身浴
  10. 布団に入って電気を消してスマホを触る
  11. 就寝

スマホが普及することで、肌身離さず持っていることで1日中画面を見ています。
1日中目を酷使していますよね。

このようなこともあり、近年眼精疲労に悩んでいる人は急増していると言われています。

 

眼精疲労は目の症状だけではありません。

 

そもそも眼精疲労の症状を知っていますか?

眼精疲労とは、目の痛みや充血などの「目の症状」に加え、頭痛や肩こりなどの「全身症状」が現れ、

睡眠や休息などで十分な改善がみられない状態のことをいいます。

引用:第一三共ヘルスケア/眼精疲労の症状

眼精疲労というネーミングだけあって、目が疲れて痛かったり霞んだりだけかと思われがちですがそうではないんです。

目だけが疲れて痛かったり霞んだり…これらは眼精疲労ではなく「疲れ目」といったところです。

つまり眼精疲労は頭痛や肩こりなどの「全身」にもたくさんの異常を巻き起こしてしまいます。
その1つにハゲもあるんです!

 

眼精疲労で全身に異常が現れる仕組み

 

難しい言葉を使うとわかりにくくなるので、シンプルにお話します!

目を酷使することで目周辺の筋肉は疲労し凝り固まってしまいます。
筋肉が凝り固まってしまうと、その部分の血行が悪くなり血液がスムーズに運ばれなくなってしまします。

血液は健康に生活する上で欠かせないもの。
この血液が不足することで特に顔周辺に異常が現れます。

それが肩こり・頭痛・目の痛み。
ひどくなれば手のしびれなどの症状も出てくるので眼精疲労は馬鹿にできません。

何しろハゲにも関係しているということであれば無視はできない部分!

眼精疲労が若ハゲと関係しているのは「血行不良」と「L-システイン」という栄養素がキーポイント

さて、ここからが一番重要なお話。

血行不良がハゲと関係しているということは、若ハゲに悩む人であればそれなりに知っていることでしょう。
血液には髪の毛が健康に育つために必要な栄養素がたっぷりと含まれています。

その血液が滞ってしまえば、当然髪の毛は健康的に生えることができなくなってしまいます。
その為に若ハゲに悩んでいる人の多くは、栄養不足だったり不規則な生活などによる血行不良は基本的な原因要素。

髪の毛は毛乳頭にある毛細血管から栄養を補給されて成長します。

血流が悪くなると成長が鈍り、髪の毛は抜けやすくなります。

引用:第一三共ヘルスケア/薄毛の主な原因

このように血行不良はハゲの原因としても最も基本的なことなのです。

 

髪の毛に必要な栄養素「L-システイン」は眼精疲労回復にも必要な栄養素!

 

髪の毛を構成している栄養素はたくさんありますが、その中でも中心となって活躍しているのがケラチンと呼ばれる栄養素。
簡単にいえば髪の毛の主成分はケラチンってこと。

このケラチンはタンパク質の一種なんですが、ケラチンが不足してしまうと髪の毛は弱ってしまいます。
当然主成分である栄養素が不足すれば元気な髪の毛は作ることが出来ませんよね。

で、ケラチンを構成するために必要で重要な栄養素が「シスチン」というアミノ酸。
「シスチン」は「L-システイン」というアミノ酸が2つ結合して進化して生まれたものです。

ちょっと専門用語がたくさん出てきてわからなくなってきた!という人の為に簡単にまとめてみましょう。

「L-システイン2個」=「シスチン」→「ケラチン」

何となくわかりました?

L-システイン2個が結合するとシスチンに変化し、シスチン含むその他多くのアミノ酸と結合して生まれるのがケラチンってことです。
つまり髪の毛を健康的に維持するためにはL-システインもシスチンもケラチンも全部欠かせない栄養素ってわけです。

しかし問題なのはL-システインは眼精疲労回復にも重要な栄養素であるということなんです。

勘の良い人ならもうおわかりでしょう。
眼精疲労を回復するためには大量のL-システインが使用されるので、髪の毛の分まで残らない…。

本来であれば髪の毛に回るはずであったL-システインが、突如として現れた眼精疲労を退治するために体力を消耗してしまう…
消費されたL-システインは本来の力を発揮することができなくなり、結果的に髪の毛が弱ってしまうのです…。

完全に眼精疲労が邪魔をしている形です。

スマホの普及・眼精疲労・若ハゲの関係まとめ

どうでしょうか。
スマホの普及と眼精疲労の増加。
そして眼精疲労の増加と若ハゲ人口の増加の関係。

一見関係のないようなことに思えますが、とても大きな関係を秘めていることがわかったのではないでしょうか。

  • 現代はスマートフォン・PCの普及がかなりの勢いで進んでいる
  • スマートフォンの普及により眼精疲労人口もかなり増加している
  • 眼精疲労回復に必要な栄養素と髪の毛を構成する為に必要な栄養素は同じ

こうやって見れば「スマートフォンの普及」が「若ハゲ人口の増加の原因!」とも言えるのは間違いないようです。

若ハゲの共通点をまとめてみた!!

若ハゲになってしまうにはそれなりの原因があります。
食生活であったり、生活習慣の乱れであったり、遺伝であったりたくさんの原因が重なり合って薄毛という症状が現れてしまいます!
どうすれば対策や予防、軽減ができるのか…?
これと言った原因が思い当たらない、、
沢山あり過ぎて見当もつかない、、
などこれが原因だ!!!と断定するのはなかなか難しいでしょう!
ですので今回は少し違った角度から考えていってみようかと思います!

「若ハゲの共通点を見つければ対策できるのではないか!!!!?」

そうです発想は単純!
すでに若ハゲになっている人の共通点を探し出し、そしてその点を改善する事で対策できるのではないかと言う事です!
そこで今回はネットで見かけた書き込みや口コミをまとめてみました!
なにかあなたにも共通する事があるかもしれませんよ!

◆挙動不審          ◆気弱
◆すぐ怒る          ◆脂っぽい
◆とにかくエロい       ◆髪の毛が薄い
◆隠蔽体質          ◆めんどくさがり
◆口呼吸           ◆神経質
◆頭を掻く癖がある      ◆強がり
◆夜行性           ◆ラーメン好き
◆自意識過剰         ◆声が高い
◆思いやりが無い       ◆マスタベーションが多い
◆性欲が高い         ◆常にイライラしてる

ざっとまとめてみましたがどうでしょう!?
意外にも共通する点があったりしそうですね。。
全体的に見てやはり感じるのは精神面での影響が大きい様な感じはしますね。
どうしても考え込んだり精神的にダメージを抱え込みやすい人はホルモンバランスが乱れて薄毛になってしまうのではないでしょうか。
上記の書き込みを見てみると、外的要因や遺伝の関係性も高いでしょうが、最も重要なのは精神的な事のようです!
もちろんこれが全て正しい訳ではありませんが、参考にしてみるのも解決、予防の一つでは無いでしょうか!

果報は寝て待て!~睡眠と若ハゲの関係~

睡眠が薄毛に大きく関係していることは皆さんご存知でしょうか!?
なんとなくは理解している人が多いですかね!?

昔のことわざで「寝る子は育つ」なんて言葉がありますが、そういった言葉にはしっかりとした理由があり今に至るまで
残っています。
つまり寝る子は育つのです!!

以上!!images
えぇ?違います?笑

だから寝る子は髪の毛も育つんですよ♪
当サイトでも何度か話していますが髪の毛が最も育つ時間帯は22時~2時の間。
髪の毛だけでなく人間の体はこの22時~2時という時間帯が最も体力回復に優れている時間なのです。
この時間帯にいかにしっかり安眠できるかが若ハゲに大きく関係してきます。

最も優れている時間帯に睡眠が出来ない・そもそも睡眠時間が少ない・昼夜逆転生活をしている…
これらのことがどれほどのストレスを脳に与えるか知っていますか!?
自分では感じていないかもしれませんが、脳はこんな些細なことでも敏感に感じ取ってしまいます。
この脳のストレスによって体の自律神経や、バランスが悪化し髪の毛にも栄養が行き渡らなくなります。

睡眠時間と睡眠の質は本当に重要です。
髪の毛だけではなく人間の体は正しい睡眠がなければ生きていけない体になっているのですから。

正しい時間にいかに安心して睡眠を取ることができるか…
これが出来なければ若ハゲは回避できませんよ!!

しかし実際22時~というのは難しく、働く時間が長い方にとっては早すぎるかもしれません。
そういう方には出来るだけ早い睡眠をオススメします。
まあこんな世の中ですから若ハゲが多くなってきているというのもうなずけますよね~。。。

朝シャンの落とし穴~若ハゲ進行の原因だった~

若ハゲの原因の1つとして考えられるのが「朝シャン」
えぇ!と思う方もいるかもしれませんが、実はこの朝シャンには多くのデメリットが存在していました。
近年では清潔感を意識したり、お洒落に気を使う男性も増えてきたことから朝にシャワーを浴びる人は多くなっているようです。

もちろん寝汗や朝にさっぱりして眠気を覚ましたい!などの考えからも浴びたくなる気持ちはわかります。
しかしこの朝シャンが若ハゲの進行を進めるとすれば…
イヤですよね!images

では朝シャンにはどのようなデメリットが存在しているのか!

基本的にシャンプーは1日1回が頭皮に一番いいとされています。
1日に何度もシャンプーをするということは、頭皮の皮脂を必要以上に洗い流してしまいます。
必要以上な皮脂を洗い流してしまうことで頭皮は乾燥してしまいます
頭皮は乾燥してしまうと、皮脂が足りていないと感じより多くの皮脂を分泌しようとします。
これがNGで、脂漏性皮膚炎、脂漏性脱毛症という症状に陥り抜け毛が進行してしまうということ。

これがまず1つ目のデメリット
じゃあ毎日朝に1回だけシャンプーだったらいいんじゃないの!?
夜にお風呂に入らず朝に入ればいいじゃないか!

この考えは非常によくありません。
そもそも髪の毛が最も育つのは22時~2時までといわれており、この時間に頭皮を清潔にしていなければ当然影響がでます。
この時間に毛穴が汚れていては育つ髪の毛も育ちません
これが2つ目のデメリット

そして3つ目が頭皮が浴びる紫外線との関係。
頭皮は紫外線や埃などから守るために保護皮膜を分泌する役割があります。
そのおかげで我々髪の毛は紫外線からある程度守られているのですが、この保護皮膜が分泌されるのはシャンプーしてから6時間前後とされています。
つまり、朝にシャンプーをしてから6時間以内に出かけると保護皮膜が不十分で紫外線をモロに受けてしまいます
朝にシャンプーを浴びてから外出するまでに6時間以上かかる…なんて人はそうそういないでしょう。
シャワーを浴びて1時間前後で出かける人がほとんどでしょう。
これが頭皮に刺激を与えてしまう訳です。

シャンプー後6時間は紫外線NGなんです!

これら以外にも朝は時間に余裕がないからしっかり綺麗に洗えない…なんてデメリットもありますが、
朝シャンが髪の毛に良くない理由は上記のものがほとんどでしょう。

まとめると

①過剰洗髪による皮脂の過剰分泌。
②髪の毛が最も育つ時間22時~2時に毛穴が汚れている。
③頭皮を守る保護皮膜が出来る前に外出してしまう。

この3点が若ハゲの原因に関係しているようですね。

理想的なのは、夜22時までにお風呂に入り綺麗にシャンプーで汚れを落とす。これでしょう。
しかし夏場などでべた付く体が気になって朝にお風呂に入りたい!って人はシャンプーするのではなく、お湯で洗い流す
程度にしましょう。

ストレスフリーで若ハゲ防止!

現代社会はストレス社会です。

日本人は日々ストレスと戦っています。

ストレスのない日々をおくっている人は数少ないです。images

つまり我々の周りにはストレスがいっぱいなのです。

ではこのストレスが若ハゲの原因だとしたら。

全員ハゲてしまうやないかい!!

そうではないのです。
若ハゲの原因がストレスだけではありませんが、ハゲていない人はこのストレスの発散方法を分かっているのです。
自分が抱えたストレスはどのようにすれば発散できるのかを把握しています。

つまり若ハゲに苦しんでいる人はストレス発散の方法を知らずに、溜め込んでしまう人が多く該当するようです。

そもそもストレスが原因でなぜハゲルのか。
これは自律神経の乱れが大きく関係しています。
自律神経のバランスが崩れることで慢性的な血行不良に陥ります。
血行不良は若ハゲの天敵です。
さらには内蔵機能も低下してしまうようです。
内臓は髪の毛に必要なたんぱく質や亜鉛など、栄養素を吸収したり分解したりしてくれる非常に重要な役割を果たしています。
この内臓の機能が低下すれば当然髪の毛に十分な栄養素が行き渡らず…結果、薄毛になるのです。

ストレスが原因で自律神経が乱れ、血行不良・内蔵機能の低下が重なり髪の毛も元気を失います。

しかしこれが分かっていてもなかなかストレスフリーに生きることは簡単ではありません。
それが出来れば悩む必要なんてありませんから。

なのでまずは難しく考えるのではなく軽く考えることから始めてみてはどうでしょう。
仕事の休憩時間は外に出て新鮮な空気をしっかり深呼吸で体内に取り入れる。
これだけでも十分効果的です。
深呼吸は呼吸を整え、リラックスできる効果があります。
それだけでなく、大量の酸素を体内に取り入れることで結構は良くなります。
こんな簡単なことでもいいのです。

いかに少しでもストレスを減らすことが出来るか。
それが大切なのです。

ストレス軽減で若ハゲ予防に取り組みましょう♪
ストレスフリーは若ハゲ防止!

運動不足は若ハゲのもと

意外に関係性が強いのが運動不足と若ハゲの関係。
若ハゲが増加しているのは若者の運動離れが影響しているとも言われています。

確かに現代社会では働く時間も長く、休みも少ない。images
たまの休みは体を動かさずにゆっくりしたい。
そのような考えが出てくるのもうなずけます。
特に肉体労働やハードな仕事の人はなおさらでしょう。

しかしこの運動不足が若ハゲを巻き起こす重要な要素だとしたら…

そもそも薄毛や髪の毛のトラブルは血行不良からくることが多いのです。血行不良によって頭皮に十分な栄養素が送れなくなり、健康的な髪の毛からどんどん悪化してしまいます。

運動不足は当然新陳代謝の悪化に繋がりますので、この新陳代謝が悪くなれば血行不良になります。
また代謝が悪くなれば汗をかきにくい体になります。
汗をかかなければ頭皮の毛穴が詰まり、老廃物を排出することが出来なくなってしまいます。

つまり

運動不足→新陳代謝の悪化→血行不良・汗をかきにくい体へ→頭皮の栄養不足・頭皮の毛穴の老廃物蓄積→抜け毛→ハゲ

といったサイクルになってしまう訳です。

と言う事は肉体労働やハードな仕事を行っている人はまだマシ。
デスクワークや室内で体を動かさずに汗もかかず…そんな日々を送っている人こそ危険なのです。

もちろんハードな運動は必要なく軽く汗をかく…そんな程度で十分なのです。
要するに代謝を良く、血行をよくすることで効果は十分です。
ですので有酸素運動(ウォーキングやサイクリングなど)が効果的。
無理なく継続してすることが出来る有酸素運動はオススメですね。

とにもかくにも日々継続して行うことが大切です。
1回の量よりも毎日の積み重ねが重要だということ。

また適度な運動はストレスの発散にも繋がります。
若ハゲの天敵でもあるストレスをも発散できます。

運動不足は若ハゲのもと!
若ハゲ予防の策は運動にあり!

こんな君こそ若ハゲ予備群!

まだ若ハゲではないが、いつどんなタイミングで若ハゲになってしまうかなんて分からない。
油断は禁物。
こんな人は若ハゲ予備軍だ!
当て嵌まるものが多い方は注意したほうがよいでしょう。

遺伝やホルモンバランス系

・兄弟や親、祖父がハゲている
・体毛が濃い(胸、ヒゲ、眉毛、腕)
・抜け毛がきになる
・脂性
・髪の毛が細い
・フケ性
・ニキビがよくできる

 

性格的な問題

・イライラしやすい
・興奮しやすい
・夢中になりやすい
・ストレスを感じやすい

 

生活環境の問題

・好き嫌いが激しい
・寝るのが遅い
・喫煙している
・アルコールの摂取量が多い
・睡眠不足
・インスタント食品をよく食べる
・ファーストフードが大好き
・お菓子が好き
・脂っぽい食べ物が好き
・お風呂に入らないことがある
・夜ではなく朝にお風呂に入る

 

このように危険なことはたくさんあります。
当て嵌まることが多い人は危険です。
まず対策としては③の「生活環境の問題」が最も改善しやすいと思いますので、そこから少しずつでも改善していきましょう♪
油断は禁物ですよみなさん!