どんな症状なの?

images-6若はげの多くが「男性型脱毛症」と言う事もあり、若ハゲの症状はM字ハゲが最も多いようです。
M字ハゲは男性型脱毛症の特徴的な症状と言われています。
もちろんすべてがM字ハゲではありませんが。。

M字ハゲとは前髪の生え際から頭頂部にかけて薄くなっていく症状で、ハゲの中ではカッコいい部類に当て嵌まります?!
冗談はさておき、多くの場合が毛根も乏しくなり、髪の毛自体が細くひ弱くなってしまいます。
これは髪の毛に十分な栄養が行き渡っていない為に巻き起こります。

これ以外にも様々な症状がありますが、大まかな特徴としては、時間をかけてゆっくりゆっくり薄くなり、最終的に頭皮が露出してハゲてしまう!事が共通しているようです。
これがどういう事かと言えば、自分では気づかない内に少しずつ少しずつ進行していると言う事。

怖いですよね…
自分のおでこがなんか広くなったな?
髪の毛が細くなってきたな…
と思ったら危険信号です!
すぐさま正しい対策を行いましょう!

そもそも原因とは?

では最も気になる若ハゲになる原因とはなんなのか。
一概にこれが原因だ!とは言えませんが、多くの場合は同じ様な要因に当て嵌まる事が多いのです。

もちろん「遺伝」という最強のツールも存在しますが基本的には改善できるような事ばかりではないでしょうか。

男性ホルモンの異常・偏った食生活・睡眠不足・ストレス・喫煙・飲酒・間違ったヘアケア…etc…
ほとんどの場合がこれだと言えます。

大まかに3つのパターン分けられると思います。
睡眠不足やストレスなどによって男性ホルモンバランスに異常が現れる。
偏った食事や喫煙・飲酒によって栄養バランスが乱れる。
頭皮を不衛生・過度な洗髪によるもの。

つまり、images-5
「男性ホルモンのバランス」
「栄養バランス」
「頭皮環境の改善」
これに気をつければ少しは改善できるはずです。

現代の社会ではなかなか難しい事ですが生活習慣の改善で髪の毛も改善に繋がるのです。
若ハゲの貴方!
「男性ホルモンのバランス」は乱れていませんか?
「栄養バランス」が偏っていませんか?
「頭皮環境」は正常ですか?
まずはそこから考えていきましょう!

若ハゲにも種類がある!

ハゲには非常に多くの種類が存在し様々な原因から薄毛の原因となっています。


「男性型脱毛症」
多くの人を悩ませる最も典型的な脱毛症。images
別名AGAと呼ばれている症状。

「円形脱毛症」
俗にいう10円ハゲ。ストレスや自己免疫機能の低下からくる脱毛症。

「壮年性脱毛症」
年齢を増すにつれてヘアサイクルの成長期に乱れが生じ、髪の毛が硬くなったり軟毛化してしまう脱毛症。

「粃糠性脱毛症」
頭皮にフケが大量に付着した事によって巻き起こる脱毛症。

「脂漏性湿疹」
菌が頭皮に増殖し、皮膚が炎症を起こす事で巻き起こる脱毛症。
頭皮の病気とも言われている。

「外傷性脱毛症」
頭皮に外部的に損傷を負った事からくる脱毛症。
火傷や切り傷など物理的な要因。

「休止期脱毛症」
生理的な要因が原因の脱毛症。急激なダイエットによる栄養失調や、精神的なストレスが原因。


ざっと見ただけでこんなにも多くのハゲのラインナップ!
もちろん人によって当て嵌まる種類は様々ですが、若ハゲ(若年性脱毛症)の多くは
男性型脱毛症」「円形脱毛症」「脂漏性湿疹に該当する事が多いのです。

つまり生活習慣や食生活・ストレスなどによって巻き起こる男性ホルモンの異常。
過度な洗髪・不衛生などから巻き起こる事が大半のようです。
もちろん例外もありますが、自分の若ハゲの種類が何なのかしっかりと理解する事が改善への近道と言えるでしょう。

若ハゲについて…

若ハゲとはその名の通り若くして薄毛や抜け毛に悩む人の事を差します。正式には若年性脱毛症と言われ、近年急増していると言われています。

通常50代、60代になり老化が原因で毛髪サイクルに乱れが生じ、結果ハゲると言うのが一般的ですが、若年性脱毛症の場合20代〜30代、早ければ10代の内からだんだんと髪の毛が薄くなりM字ハゲになってしまう事が多いようです。

若いうちからハゲてしまうとそれはもう本当に辛いのです。心が折れてしまうほど辛いでしょう。
しかし裏を返せば若ハゲには希望があるのです!

若ハゲの場合、老化が原因となっている可能性は極めて低く、何らかの理由で毛髪のサイクルに乱れが発生している事が原因です。

つまりその原因を突き止め、予防・対策を行う事で改善は可能なのです。

そうは言っても油断しているとあっという間に進行してしまうのも若年性脱毛症の特徴。
油断は禁物。早めの対策を行う事が大切です。

若ハゲだからと諦めるのではなく、希望を持って立ち向かうべきなのです!
ハゲに屈せず、正しい知識を身につけ改善していきましょう♪

何歳からハゲたら「若ハゲ」なのか

日本人のハゲ(AGA)発症率はおよそ30%と言われています。一応、データとして残っているので間違いはないのですが、気になるのは若ハゲとカテゴリされる年齢だと思います。

それも調査対象となっているので、そのデータが以下

aga_graph3

引用:AGA(男性型脱毛症)治療ガイド HARG療法で発毛、育毛、脱毛抑制

20~29歳(20代)でハゲを発症している割合は6%。そして、30~39歳(30代)は12%。このグラフからみてやはり40歳からグンと増えていることがわかります。そして、60代にもなると半分がAGAということ。

さて、このデータから若ハゲの年齢ボーダーラインは何歳になるのか!?

日本人の約30%がハゲなわけですから、この割合を下回る年齢・年代でハゲると若ハゲというのが1番しっくりきます。

ということで、管理人が考える若ハゲの年齢ボーダーラインは39歳ということになります。

意外や意外、けっこー若ハゲとカテゴリされる年齢は高いではありませんか…

だとすれば、10代後半、20代前半でハゲてきた若ハゲはサラブレット中のサラブレットということになります。

これだと少しかわいそうですよね…というこで若ハゲも2段階にわけることとしましょう。

若ハゲ 若ハゲ(異常) 20~29歳
若ハゲ(普通) 30~39歳

つまり、20代でハゲだすとかなりヤバイです。日本の男の中で6%しかいない希少な存在になるわけですから、、、

6%が仲間、仲間じゃない男が94%いること。男の94%は20代の若ハゲに対して「同類にするな!」と言っているようなものですね。

このデータで恐ろしいのは、この意見を持っている日本人は男性だけではないってことですね。若ハゲか若ハゲではないか判断するのは女性も含まれます。

彼女らはハゲる可能性がある男性のように寛大ではありません。「男がこれはまだハゲとは言えない!」という状態でも、愛の無い言葉でハゲにカテゴライズしてきます。

これは女のバストを男性が大きい小さいで判断するのと同じ現象です。男からすればCカップは小さいというように厳しい目で判断しますが、女性からすればCカップは平均よりやや上みたいな扱いをします。

だから、ハゲも厳しい目で判断されてしまうのもしかたありません。

これを念頭に置いて、ハゲの予防をしていないと、冤罪ハゲが生まれる可能性があるんです。

ハゲたから努力するのではなく、ハゲないために努力しよう!

これは何にでも共通していえることですが、「なってから」じゃなく「なるまえから」何らかの対策を打つことが重要になります。これはハゲでも同じで、特に若ハゲには重要な考え方です。

まだハゲとは言えない状況でもいつか自分がハゲる時はくると思ってケアしなければなりません。日本人の約30%がハゲるんですから。

イチローがヒットを打つ確率で日本ではハゲが誕生しているんです。次はアナタの番のバッターボックスかもしれません。

ヒットを打てばハゲ、それ以外ならハゲないというバッターボックスに立っているものと考えてください。なんだかヤル気が起こってきませんか?